ハードフロア ブログ

歯科医院のハードフロアクリーニング

投稿日:2018年2月22日 更新日:

パッと見たところ分かりにくいですが、汚れがワックスに混ざって黒ずんでくると剥離洗浄をします。これも環境のことを考慮して、業界では考え方が変わってきています。
剥離洗浄によって古いワックスを除去すると、黒ずみなどの汚れも取れやすいですが、ツヤもなくなります。
そこで、ツヤを出す為にまたワックスを塗ります。床を保護する役割もあります。1層塗布では「ツヤがもの足りない」や「保護力が低い」ということで、2層目を塗布します。
2層目を塗るとツヤが増しました。しかし、お分かりでしょうか?グレードの低いワックスは塗り重ねるとすぐに油っぽく輝きだします。この先ワックスを塗り続けると、またすぐに黒ずんで剥離洗浄をする作業の繰り返しになります。正味、環境にもコストにも優しくありません。グレードが高ければ良いという事ではありません。床材、環境、用途に応じて、洗剤もワックスも使い分けられる知識は最低限必要です。もちろん剥離洗浄をするしかない場面もあります。業者を選ばれる時は、まず金額だけでなく『どのような清掃管理をすることが効果的(環境面・コスト面はもちろん、段取りよく綺麗にできるか)か』を、適切に色んな方法をアドバイスしてくれる業者を選んでください。剥離洗浄が出来ないぐらい、ワックスを塗り重ねることだけを続ける業者は沢山いますので、気を付けていただきたいです。

-ハードフロア, ブログ

執筆者:

関連記事

工場会議室のハードフロアクリーニング

200㎡ほどの会議室です。 自動床洗浄機で洗浄後、ワックス塗布します。

医院のハードフロア剥離洗浄

剥離(ハクリ)洗浄は、いままで塗り重ねてきた古いワックス塗膜を完全に除去し、床材を素材の状態に戻し、もう一度新しいワックス層を作る作業です。 床面をほぼ新品の状態に回復するので見栄えがよく、計画的に行 …

庭池のクリーニング

藻等で濁った庭池の高圧洗浄をご依頼いただきました。 まず、ポンプで水を抜きながらタモで鯉を桶に非難させます。 水をほぼ抜けきったら底砂利を動かしながら、周りに組まれた石を高圧洗浄しました。 洗浄後、水 …

清掃業者の選定②

前回はビルクリーニング関連の代表的な資格をご紹介しました。 今回は、ハウスクリーニング関連の代表的な資格をご紹介したいと思います。 資格があれば絶対に安心というわけではありませんが、ある程度の知識と技 …

福祉施設厨房のハードフロアクリーニング

作業台が撤去・移動されていて、台下のひどい汚れも結構スッキリしました。

ブログ一覧

お客様の声一覧