ブログ 清掃に関するお話

天照大神

投稿日:2018年5月15日 更新日:

万物に降りそそぐ女神、天照大神

 

伊邪那岐命の左目から生まれた天照大神は万物を照らす太陽の化身であり、日本神道の最高峰として祀られています。『古事記』には、暴れん坊の弟、須佐之男命をいやがって天照大神が岩戸に隠れたとき、世界が真っ暗になったことが記されています。

太陽の力が弱くなる冬至のころには、木々は枯れ、人間も疲れ、神々の力も弱まると考えられていました。そこで、どうにかして太陽に出てきて欲しいという思いが、歌や舞などの芸能を生んだとされています。芸能は人間が楽しむためのものではなく、神さまに捧げ、災厄の神を抑えつけるためのものなのです。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

保健施設のガラスクリーニング

高所作業車を使用して網戸・ガラス・サッシレールをクリーニングしています。

砂利樹脂舗装高圧洗浄工事(動画)

駐車場入り口に施された砂利樹脂舗装部分をHOTJEBLO工法による高圧洗浄工事。   ※弊社は2018年6月に、高温高圧洗浄&同時汚水回収が可能なHOTJEBLO工法を導入しましたので、この …

清掃業者の選定②

前回はビルクリーニング関連の代表的な資格をご紹介しました。 今回は、ハウスクリーニング関連の代表的な資格をご紹介したいと思います。 資格があれば絶対に安心というわけではありませんが、ある程度の知識と技 …

やしき神

つねに家を守る屋敷神 敷地内に住んで、家を守る神。家によって、稲荷、八幡、さらには弁天、観音とさまざまな神仏が屋敷神とされています。そうした神さまは住む人が変わっても、同じ場所に居続けるといわれます。 …

有り難い頂き物

最近再会した恩師から頂いた蕨を、妻に玉子とじにしてもらって頂きました。

ブログ一覧

お客様の声一覧