ブログ 作業内容について 清掃に関するお話

エアコンクリーニングについて

投稿日:2017年7月12日 更新日:

エアコンのメンテナンスは定期的にされていますか?
エアコンは屋内の空気を循環させるため、内部にはホコリやカビなどが発生し、不衛生になりやすいです。
健康で快適な生活のためにも、エアコンの内部まで定期的にクリーニングする必要があります。

エアコンクリーニングを依頼するとなると、料金やサービス内容、業者の選び方に不安がありますよね。

業者に依頼すると、普段ご自分でされる方も多いフィルターのお手入れだけでなく、エアコン内部の高圧洗浄します。
クリーニングに必要な専用の洗浄剤や機械を持参するので、自分で買いそろえる必要はありません。
エアコンを隅々まできれいにクリーニングするためには、技術、時間、労力が必要です。
自分でエアコンの内部まで掃除するのは難しいので、無理せず専門業者に依頼することをおすすめします。

クリーニング後にカビの発生をおさえる抗菌コーティングを行っている業者もあります。
コーティングを行うことで、エアコン内を清潔な状態に保てます。
カビやホコリにアレルギーをお持ちの方は、1年に1回を目安に定期的なエアコンクリーニングをおすすめします。

時期や地域によって異なりますが、家庭用の一般的な(フィルターお掃除機能が付いていないタイプ)エアコンでも5,000円~15,000円(+消費税)と、幅があります。
2台目以降はクリーニング料金が割引になる業者もあります。
2台以上のエアコンクリーニングを依頼したいご家庭にはおすすめです。
安けりゃ良いってもんでも、高けりゃ良いってもんでもないですけどね。
ちなみに弊社の場合は壁掛け型(ノーマルタイプ)で基本料金12,000円(+消費税)です。
いろんなタイプがあるので、型番や外観(床からの高さやエアコンの下に物があるか等)を写真で送っていただけると業者は多少段取りしやすくなります。

単品単品でご依頼されるより、エアコンクリーニングと同時に抗菌コーティングや室外機クリーニングをご依頼されると割引になる業者もあります。
クリーニングしてほしいエアコンの台数やオプションの種類を業者に伝えて、作業料金を事前に確認するとスムーズに探せますね。

-ブログ, 作業内容について, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

資機材メンテナンス

仕事に欠かせない資機材のメンテナンス。 自社で出来る事はしますが、定期的にメーカーさんに診ていただきます。

ノンスリップ床高圧洗浄工事(動画)

プールサイドや更衣室に敷かれている、防滑性床シートの高圧洗浄工事。動画は更衣室内です。汗や皮脂汚れに加え、ホコリ等も原因になってきます。   ※弊社は2018年6月に、高温高圧洗浄&同時汚水 …

遊技場のカーペットクリーニング

ポリッシャー(床磨き機)によるアジテーション (刺激を与えて、汚れを分解させること。洗濯で例えると、もみ洗い。 )をして、洗剤が汚れと反応して出た汚水をすすぎながら回収します。

保育施設の床面艶出し

床の表面を磨き上げることで光沢度をアップさせます。 それだけでなく、滑りにくく安全性も増しました。

敷石高圧洗浄工事(動画)

玄関先に施された敷石の高圧洗浄工事です。 国土交通省が認定するNETISに登録されたHOTJEBLO工法です。  

ブログ一覧

お客様の声一覧