ブログ 清掃に関するお話

やしき神

投稿日:2018年5月16日 更新日:

つねに家を守る屋敷神

敷地内に住んで、家を守る神。家によって、稲荷、八幡、さらには弁天、観音とさまざまな神仏が屋敷神とされています。そうした神さまは住む人が変わっても、同じ場所に居続けるといわれます。

岩手県などでは、「座敷童子」という妖怪が有名で、これもまた、家を守る神さまが形を変えた姿ともいわれます。こちらはときとして出ていったり、戻ってきたりすることがあります。出ていくときは、立てかけてあったはずのほうきが倒れているなどの不思議なことが起こり、その日から家運はかたむいていきます。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

結婚式場の改装後美装工事

こういった施設に限らず、戸建ての新築やリフォーム後、施主様へ引き渡す前に美装をします。 こちらの現場写真は、床材にワックスを塗って仕上げてほしいとご依頼をいただき、ワックスを乾燥させる為に送風機を使用 …

トイレの神様

どんなことも率先するトイレの神さま 沖縄の伝承では、神々が家の各所の守り神を決める際、トイレを担当する神さまがなかなか決まらなかったところ、自ら名乗り出た神がいたと伝わっています。その神は、もっとも美 …

仕事の一環(沖縄)

仕事の一環で沖縄へ行ってきました。良いご縁をいただきました。

神戸新聞朝刊 2020.11.25

今年度の兵庫県の技能顕功賞受賞者の中に、関本優 常務の名前が掲載されました。 県内外の産業への貢献が評価されました。   【関本優のコメント】 清掃業界(ビルクリーニング工)での受賞者は全国 …

ステーキ弁当

札幌の友人が全国の北海道物産展に出店されていて、ちょこちょこ姫路にも来てくれるので、来られた際には購入して夜にみんなで美味しくいただいています。 ステーキも歯ごたえはあるけど、そんなに硬くなく、周囲の …

ブログ一覧

お客様の声一覧