ブログ 清掃に関するお話

かまど神

投稿日:2018年5月10日 更新日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

医療施設のカーペットクリーニング

国内で一般的な前処理剤噴霧→シャンピング→エクストラクションにそれぞれ洗剤を使用する場合と比較すると、使用洗剤料も減って通常3人で行う作業が1人で済むので、安価な作業としてできます。 ただし、少々頑固 …

石材の防汚施工

木目調なので、普通のフローリング床に見えますが実は磁器タイルで出来ています。 こちらのお家はわけあって土足で生活されるということで、この床材を選ばれたそうです。 美装時に水拭きで何度拭きあげてもホコリ …

不用品整理

遺品整理も承っております。 今回のお客様はこちらのお宅を売却されるらしく、家財道具一式を不用品整理として運び出し処分してほしいとのことでした。 ちなみに、こちらの建物の面積は約42坪の平屋建てでした。 …

階段室の床クリーニング

階段室の汚れを除去しました!

仕事の一環(沖縄)

仕事の一環で沖縄へ行ってきました。良いご縁をいただきました。 お仕事の話も出来たし、美味しいお肉、海鮮、ソーキそば、ラフテー、泡盛もいただきました♪ 琉球村もおもしろかったです(∩´∀`)∩

ブログ一覧

お客様の声一覧